歴史

ポリマーアジアはパッケージング、電気、家庭、農業、建設、などの多くのプラスチック産業にサービスを提供するために、マスターバッチと様々なタイプの化合物の開発を10年以上経験してきました。

2020年

Successfully completed SamSung Improvement project.

2018年

Expansion with 2 more production lines and 1 advanced equipped line for R&D to support market development.

2016年

工場の2番目部分はVSIP II工業団地にオープニング。

2014年

現在の工場の最初部分はポリマーアジアと住友化学株式会社の協力で設置されました。

2010年

2012年の目標とする市場の需要をサポートするためにさらに4以上の生産ラインを拡大しました。

2009年

欧州と米国市場を開拓するためにスペインに駐在員事務所を設置しました。

2008年

シンガポール、マレーシア、インドネシア、中国などの市場にマーケティング活動、テクニカルサポートを提供するために、シンガポールで駐在員事務所を設置しました。

2007年

アジアの高級でアクティブな市場で拡大するために、タイのバンコクに駐在員事務所を設置しました。

2004年

4以上の生産ラインに拡大し、生産量を増加し、カラーマスターバッチ事業を開発。

2002年

ポリマーアジアはホーチミン市、ベトナムに設立。当初は添加剤を中心に投資して2生産ラインのみ。

歴史